ステップワゴン新型、ガソリン車1.5L、2WDと4WDの年間維持費を比較!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

新型ステップワゴンには一般的なFFモデルと4WDモデルが存在しており、両車ともエンジンや性能に関して特別な違いはありませんが駆動方式のよって年間の維持費には違いが生じてくるのでしょうか、興味深いところです。

早速、検証してみましょう。

スポンサードリンク

新型ステップワゴン、ガソリン車1.5の2WDと4WDの価格を表にして比較


新型ステップワゴンには一般的なFFモデルと4WDモデルがラインナップされており、4WDモデルは豪雪地方などを中心に良く売れており、雪道での安心感はやはり4WDの安心感は他に代えがたい物があります。

4WDの新型ステップワゴンもエンジンは1500㏄ダウンサイジングターボを両搭載しており、特に大きな違いは発表されていません、室内の広さや仕上がりも同じで純正オプションも一部を除いて概ね共通しており、単純に駆動方式の違いと認識して良いと思います。

もちろん、4WDに伴う駆動パーツがFFよりも多く車体価格はFFモデルよりも割高になるのが一般的ですが新型ステップワゴンの場合はどうでしょうか、下記に表でまとめてみました。

       グレード       FFモデル      4WDモデル
G・Honda SENSING       2,661,120円      2,898,720円
G・EX Honda SENSING       2,862,000円      3,078,000円

このように、やはり4WDモデルの方がおよそ20万円ほど割高になっているのが解ります、この車両価格には消費税は含まれた価格ですが各種オプションは含まれていません。

新型ステップワゴンは5ナンバーミドルミニバンの雄として長年、販売台数では他の競合ライバル車を置いて常に常に1位を獲得するほど人気の高いミニバンですが、その主たる理由は、装備や走りの良さなど車の性能と比較して割安感のある価格設定が人気の理由となっています。

最上級グレードで4WDは300万円を超えていますが、その他のグレードでは300万円の予算で購入可能ですから現行ステップワゴンも価格設定ではとても良い戦略と感じますね。

スポンサードリンク

新型ステップワゴン、ガソリン車1.5の2WDと4WDの燃費を表にして比較


それでは新型ステップワゴンの燃費に関して検証してみたいと思います。

エンジンなどを含めて車の性能としては全く同じFFモデルと4WDモデルですが、駆動方式の違いと4WDのパーツ追加によって4WDモデルは車両重量が少し重くなっています。

しかしながら燃費に関しては車の使用環境や状況、運転の仕方などによって大きく変わって来ますので単純に比較検討するのが難しいのでメーカー公表の燃費基準を参考にまとめてみました。

グレード別        FFモデル       4WDモデル
G・Honda
SENSING
       16.2km/L       15.4km/L
G・EX Honda
SENSING
       16.0km/L       15.0km/L

ホンダが発表する公式データでは、やはり若干ですが4WDモデルの方がFFモデルよりも燃費が悪いのが解ります。

これは4WDのメカニズムを搭載して増加した車両重量による影響で、グレードによっても上級グレードは装備が増える分だけ燃費が落ちているのが解ります。

メーカー公式の燃費データーは、新型ステップワゴンが持つ最高のポテンシャルをプロドライバーが燃費を出す為だけに計測して表した数字ですから、実用燃費と全く違うのはご承知の通りで、公式燃費データーの8割程度が実用燃費と言われています。

実用燃費は車の使用環境や運転の仕方で大きく変わる数字ですから、一概に言いにくいのですが新型ステップワゴンのユーザーが発する口コミなどから、街乗りで8km/Lくらいで、高速などでは10㎞/L~と言われています。

FFモデルと4WDモデルで、実用燃費に関して大きな燃費の開きは無いでしょうが、しかし、4WDの場合はFFモデルよりも車両重量が増加しているので、高速道路での加速や坂道を登る場合はFFよりもアクセルを踏み込む必要があるのは間違ありませんから、FFよりも少し燃費が落ちるのは構造上で仕方がありませんね。

スポンサードリンク

新型ステップワゴン、ガソリン車1.5の2WDと4WDの年間維持費を表にして比較

新型ステップワゴンのFFモデルと4WDモデルの年間維持費を比較検証してみたいと思います。

因みにですが、毎年課税される自動車税もステップワゴンはライバル他車と比較して優位なのはご存知でしょうか、この自動車税は搭載されるエンジンの排気量で課税額が区別されているのはご存知の通りです。

ミニバンのライバル他車は2000㏄のエンジンを使用していることが多く、1500㏄ターボエンジンの新型ステップワゴンは1段下のランクに位置づけられるので年間で5000円ですが安い課税となるのです。

因みにハイブリッドは2000㏄なのでガソリンモデルよりも自動車税は1ランク上の区分となり5000円高くなってしまいます、両車ともエコカー減税対象車種なのでガソリン車は登録初年度が減税されますが翌年からは減税になりませんし、ハイブリッドも初年度と翌年は減税対象ですが、それ以降は減税はありませんので注意が必要です。

さて、それでは年間維持費をFFモデルと4WDモデルとで比較検証してみましょう。

例)家族4人で新型ステップワゴンを所有し、通勤は電車利用で車の使用機会は休日の買い物や年に数回の小旅行など、およそ1年間で5000kmほど走行すると想定した場合・・・

ステップワゴン・FF¥-4WD比較        FFモデル       4WDモデル
       自動車税        34,500円        34,500円
        車検       130,000円       130,000円
      ガソリン代        60,000円        72,000円
     メンテナンス費用        15,000円        15,000円

車検費用やメンテナンス費用はホンダカーズの費用を参考価格としており、ガソリン費用は実燃費から算出しました。

このような感じで、FFモデルと4WDモデルと維持費としてみた場合、極端な予算の開きがありませんので、使用状況に応じてFFか4WDかとなると思いますが安心して購入して頂けますね。

しかしながら、メンテナンス費用は点検と消耗品となるオイル類を基準としており4WDは基本メンテナンスが特別必要としないのですが、何らかの不具合が発生した場合、もしくは長期使用に伴う大掛かりなメンテナンスが伴った場合はFFよりも別途費用が掛かってしまいます。

またガソリン代も年間を通して1万円ほどの差額が発生していますが、運転の仕方で大きく変わるところだけに平素で可能な限りのエコ運転を意識すればもう少し開きは縮まると思います。

またFFモデルと4WDモデルでの車体重量の差は80㎏ほど4WDが重くなっていますが、装備も4WD部分以外にも足回りやエアコンなどのグレードが上がっており、装備面で言えば4WDの方が良い装備が施されています。

もちろん、FFよりも車両価格は高いので当然と言えばそれまでなのですが、寒冷地仕様となっている部分もポイントですね。

以上、FFモデルと4WDモデルの年間維持費に付いての検証でした。

ステップワゴンが値引き金額から更に50万円安くなる方法

「このステップワゴン、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ステップワゴンの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサードリンク